今日のブログはタイトル通り、ズバリ

「朝ごはん、食べていますか?」

でございます!

トレーニングをする上で、クライアントの方々の健康状態も把握しておく必要があるため
睡眠時間や食生活についての話をさせていただくのですが
「朝ごはんはヨーグルトとバナナだけ」

「睡眠の方を優先にして朝ごはん食べる時間が・・・」

という生活スタイルの方が多いです。
今の時代、朝早くから出勤し夜遅くまでお仕事なさっている方が多い世の中です。
1日中朝から晩まで働き、心身ともに疲労困憊状態で眠りにつかれている方の多いこと…。
朝の電車内で出勤される方のお顔色を窺うと疲れが取れきれていない、朝なのにお疲れな顔色をされている方が
本当に多いな、と思います。
毎日本当にお疲れ様です。
皆さま1人1人の毎日のご苦労があって今の日本は成り立っているのだな、と思います。

そんな皆様が少しでも楽になるよう「朝ごはん」についてアドバイスさせて頂きますので
何か参考になることがあれば実践していただければと思います!

 

まず、朝ごはんの効果として
・脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖を摂取することにより集中力や記憶力が上がり仕事の効率が上がります。
⇒朝の脳は、エネルギー枯渇状態なため朝にエネルギーを補給してあげないと集中力等が低下し、注意散漫となってしまいます。

・全身の血行が良くなり顔の血色が良くなる。
⇒朝ごはんを食べることにより体内の温度が上昇し、血流が良くなります。

・朝ごはんを食べることによりホルモンが活発に働くようになる
⇒就寝時に「成長ホルモン」の活動が活発になりダイエットや細胞の若返り効果にも繫がります

が主に挙げられます。

逆に朝食を抜く(欠食)と、1日に必要な栄養素を十分に摂取することが出来なくなり肌荒れや体調不良の原因となることがあります。
また、注意力散漫となり仕事の効率も下がってしまいます。

睡眠は取れてるのに何だかスッキリしない、日中ボーッとして仕事に集中出来ない、
といったことを感じられている方は、まず朝ごはんを摂っているか等栄養面での見直しが必要なのかもしれません。

 

「その②」では、朝食の取り方やメニューについてご説明させて頂きます!

続く→